年金の手続き

遺族年金には、「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」「寡婦年金」の3つがあります。また、こちらに関するものとして「死亡一時金」というものがあります。死亡一時金は、国民年金を3年以上納めた人が、老齢基礎年金・障害基礎年金のいずれも貰わずに亡くなった時、生計を共にしていた家族(親族)へと支払われるものを言います。これら厚生労働省管轄の年金は、権利者が請求して初めて支給されます。社会保険事務所で手続きを行いますが、ご自身でも、専門家に依頼をして請求でもどちらでも構いません。

 

遺族年金の受給手続き

遺族年金の受給に必要な書類については、被相続人と受取る人によって内容が異なります。最低限必要な資料としては下記のとおりです。

  • 年金手帳
  • 基礎年金番号通知書
  • 年金証書
  • 戸籍謄本
  • 住民票
  • 死亡診断書
  • 健康保険の被保険者証
  • 源泉徴収票または所得の非課税証明書等

未支給の年金の受け取りは原則年6回、偶数月に2ヶ月分が支給されます。年金は死亡月分まで支給をされる事になりますので、死亡した月の年金が未支給年金となります。

未支給年金を受け取る事が出来る遺族の順位は、年金受給者の亡くなった時点で生計を共にしていた配偶者→子→父母→孫→祖父母または兄弟姉妹 の順になります。

 

死後の事務手続きについて

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 地図
    〒640-8245
    和歌山市有田屋町南ノ丁30番地
    SkyTower

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別