相続税申告

ここでは相続税の申告についてご説明いたします。相続財産の額が相続税の基礎控除額を超える場合には相続税の申告が必要になります。相続税の基礎控除額は次の通りです。

3000万円+600万円×相続人の人数=基礎控除額

平成27年1月1日の税制改正により、相続税の基礎控除額が大幅に下がったことにより、以前より相続税申告が必要な相続が増えたことになります。相続人の人数が少ないほど、控除額は下がることになりますので、相続財産の中に不動産1件あるだけでも相続税申告の対象になる事も十分あり得るのです。ですから、相続が発生した際には相続税が発生するのか否かを確認する必要があります。

また、上記の基礎控除以外にも相続税には様々な控除があります。基礎控除額を超えている場合でも申告をし、様々な控除を適応して結果的に非課税になる場合もあります。

相続税申告について

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別