相続税の修正申告

相続税の申告を完了したあとに、自ら過少申告に気づいた場合、速やかにその旨を税務署に申告する必要があります。税務調査が来る前に自ら気づいて申告をし直す事が賢明です。税務調査きたあとですと、加算税が発生してしまう為です。

相続税の申告が完了したあと、再度申告することを相続税の修正申告といいます。

過少申告に気づいて、きちんと修正申告を行えば税務調査がくることもありませんし、加算税を課せられることもありません。しかし、ご自身では相続財産ではないような物でも税務署から相続財産であると指摘が入ることもありますので、不安な方は実績のある税理士にご相談されることをお勧めいたします。

修正申告について

相続税申告の修正申告の場合は、申告書に修正前と修正後の金額と、差額を記入します。相続財産の総額が変わることによって、相続人全員の税額にも変動がある可能性があります。

相続税申告について

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別