相続税とは

相続発生により、被相続人(亡くなった方)が所有していた財産を、残された家族(相続人)が相続していくことになりますが、相続によって相続人が取得する財産に対し、課せられる税金の事を相続税といいます。

相続税には、基礎控除(3000万円+600万円×相続人の数)があり、この額を超える相続財産を取得する場合には、相続税の申告及び納税をする必要があります。

ただし相続財産から葬式等にかかった費用や、非課税となる財産、債務は控除になりますので、相続財産からこれらを差し引いた額が対象となります。また、相続開始前の3年以内までの期間に被相続人から贈与された財産も相続財産に加算されます。

課税対象者は相続人だけでなく、遺言書によって財産を受遺された受遺者も対象となります。

相続税の申告と納税には相続の開始があったことを知った日(通常、亡くなった日)の翌日から10ヶ月以内という期限が設けられているので、注意しましょう。

相続税申告について

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別