相続放棄とは

相続放棄とは、相続財産の全てを相続しないという法律上の手続きです。

相続放棄は、相続が発生してから3ヶ月以内に家庭裁判所に申述することによって手続きできます。相続放棄の申述が受理されると被相続人の借金の債権者にも効力をもつ相続放棄となります。

また、それ以外に事実上の相続放棄もあり、相続人全員で行う遺産分割協議の際に、「私はすべての財産の相続を放棄します」と相続人全員に口述し、遺産分割協議書にその旨を記載し、署名・押印をするととで成立する相続放棄です。しかしこれは、相続人の間のみで効力もつ相続放棄になりますので、被相続人の借金の債権者に対しては効力がありませんので注意しましょう。

相続放棄の対象となる財産

  • 不動産、預貯金、車、株式などのプラスの財産全て
  • 借金、住宅ローン、損害賠償請求権、損害賠償責任などのマイナスの財産全て

 

相続放棄の申述期限について

相続放棄の申述期限は、相続が発生した日(被相続人が亡くなった事を知った時)から3ヵ月以内に家庭裁判所に申述します。期限内に、不備のない書類を提出する必要があります。

期限が3ヶ月以内である為、相続放棄をするかどうかの相続方法は早めに決定しなければなりませんので、相続人の調査、相続財産の調査は早期に行う必要があります。その期間として3ヶ月が設けられていますので、借金がある相続の場合には早めに手続きを進める必要があります。

 

相続放棄について

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別