単純承認とは

ここでは単純承認についてご説明いたします。

単純承認とは、相続財産を無条件、無制限に全て相続する方法です。

単純承認は手続きや申述は必要はありません。では、どのような場合に単純承認をしたことになるのでしょうか。下記にてご確認ください。

  • 相続放棄および限定承認の申述を期限内に家庭裁判所に行わなかった場合
  • 相続人が相続財産の全部または一部を処分してしまった場合
  • 相続放棄や限定承認の申述をした後、相続人が財産を隠匿または消費していた場合

このような場合には相続する意思がなかった場合でも、自動的に単純承認になってしまいます。単純承認は、相続財産のマイナスの財産(借金やローン)も引き継ぐこととなります。ですから、マイナスの財産が多い場合には、注意が必要です。上記のように相続放棄および限定承認の申述をしなかった場合以外でも、相続財産の一部を処分してしまったりすると相続財産の全てを単純承認したこととなります。

相続放棄について

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別