不在者財産管理人

遺産分割の手続きを行う際、連絡もとれず所在が分からない不在者に代わって、不在者の財産を管理する人が「不在者管理人」です。

相続人の中に一年以上行方不明の方がいる場合には相続人が全員揃わないことになり、話し合いによる遺産分割協議を始めることができません。その場合、行方不明の相続人の代わりとして、不在者財産管理人に遺産分割協議に参加して頂き、相続手続きを進めます。

 

不在者管理人となる手続き

不在者財産管理人となるには家庭裁判所に申立をし必要書類を提出することにより、家庭裁判所から許可を得ます。その手続きを経たうえで、遺産分割や不動産の売却、預金の解約等、財産管理を行うことが可能となります。

 

申立ができる者

誰でも不在者財産管理人になることが出来るという訳ではありません。不在者との関係性や利害関係などによって判断され、場合によっては私たちなどの専門家が選ばれることもあります。

専門知識をもった和歌山相続遺言まちかど相談室の専門家にご相談ください。

家庭裁判所での手続きについて

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別