一般仲介と買取について

ここでは、不動産の売却における一般仲介と、買取という方法についてご説明いたします。それぞれのメリット・デメリットをご確認ください。

一般仲介

不動産屋が売主と買主の仲立ちをする方法が一般仲介です。

一般仲介のメリット

不動産の売却するにあたって、物件の宣伝広告、売り出し価格の提案、調査や契約書類の準備等を不動産屋が対応します。

また、市場価格で不動産を売却することができるため、売却価格が高めとなります。

一般仲介のデメリット

不動産屋への仲介手数料が発生します。また、売却まで時間を要します。

 

買取

不動産屋に不動産を買取してもらう売却方法です。不動産を買い取った不動産屋がリフォームをして再販売し、利益を得るという流れが一般的です。

買取メリット

仲介手数料が発生しません。売却まで時間がかかりません。周囲の人に知られずに売却できます。

買取のデメリット

一般仲介で売却をするよりも、売却価格が安くなります。

不動産評価・不動産売却について

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別