遺産分割に応じない相続人がいる

遺産分割の際に、遺産分割に応じない相続人がいる事も、少なくありません。
主に、下記のようなケースが考えられます。

 

  • 相続人の1人が、被相続人の金融資産(預金)などを管理していた場合
    →自分が通帳を管理しているため、相続手続きの主導権を握っていると考えている。
  • 相続人が、被相続人の生前に同居をしていて、故人名義の不動産に住んでいる場合
    →自分の住まいが相続財産となるため、手続きを進めず、遺産分割調停など法的な手段が来ない限り、無視すると決めている
  • 被相続人の預金をすでに使い込んでおり、それを隠したい場合            →相続財産について追求されると困るので、話し合いの機会を避け、相続財産についての開示をせず、逃げ切りたい。

 

この様に、様々なケースが存在しますが、実は、どの場合においても、相続手続きを着々と進めていくことは可能です。また、遺産分割に応じない相続人がいた場合に、手続きを進めずにいると、結果として相続人が不利益を被ってしまうこともあるため、手続きを速やかに進めることが大切です。

例えば、相続人の1人が「通帳を管理しているのは自分なので、遺産分割方法は私が決める」と言い出し、他の相続人との遺産分割協議を拒否。しかし、その一方で、故人様のキャッシュカードを使い、限度額の50万円を引き出し続けていたケースでは、使い込まれた現金を取り戻すために、1年半~2年程度掛かる、法的手続きを行う必要が出てきてしまいます。

このような事態を防ぐためにも、まずは和歌山相続遺言まちかど相談室にご相談ください。相続手続きのプロとして、円滑な遺産分割のための、お手伝いをさせていただきます。

 

相続トラブルについて

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別