親族間で争ってしまい、遺産分割が進まない場合

遺産分割をする際は、揉め事などに発展する場合もあり、必ずしも、円満に終えられる訳ではありません。例えば、「兄弟間で揉めてしまい、遺産分割が進まない!」「親族が相続財産の開示をしてくれない!」といった場合には、遺産分割がスムーズに進められず、また、親族間の関係性も悪化してしまいます

上記のように、「円満だったはずの親族関係が、遺産分割を機に崩壊してしまった」というケースは多く存在しているため、ここでは遺産分割において揉め事となってしまった原因・具体例について、説明させていただきます。

 

通帳(預金・貯金)、保険金などの相続財産に関する情報が隠されている

親族間での遺産分割がうまく進まない、典型的な例として、故人(被相続人)の通帳を相続人のうちの一人が管理しており、預貯金や保険金などの相続財産についての情報を、他の相続人に対して開示してくれない、といったものが挙げられます。

これは、通帳を管理していた相続人が、私的に相続財産を使い込んでいた場合や、自分の相続分を増やすために行われることが大半です。説得をすることで、相続財産についての情報を開示してくれるのであれば、その後の手続きに移ることも可能ですが、やはり、他の相続人からすれば、許せる行為ではないため、最悪の場合には紛争に発展してしまう恐れもあります。

親族といえども、重大な隠し事をすれば、信頼関係にも傷がついてしまうため、この様なことは避けるべきと言えるでしょう。

 

遺産に関する情報が曖昧で、遺産分割の方針がまとまらない

これも非常に多いパターンで、遺産に関する情報が不足しているまま、憶測に基づく議論で時間を浪費してしまい、遺産分割の方針がまとまらない場合が挙げられます。

遺産として何が存在しているのか、これについての情報がなければ遺産分割の方針・内容を確定することは困難です

そのため、上記どちらの場合についても、まずは財産調査を行うことを、強くお勧めいたします。

 

法律家は大半の財産について、専門的な手続きを通じて調査することが出来るため、上記のような場合に、お役に立つことが可能です。被相続人の方が亡くなった日(相続開始の日)における、残高証明書を金融機関から取り寄せ、相続財産の総額を明確にし、話し合いのテーブルを設けるお手伝い等が行えます。相続におけるトラブルを防ぐためにも、まずは和歌山相続遺言まちかど相談室にご相談ください。専門家として、親身になって対応させていただきます。

 

 

相続トラブルについて

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別