戸籍について

相続が開始されましたら、初めに行う手続きが相続人の確定(相続をする権利がある人)の作業です。
そのためには、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本をすべて収集し、相続関係の内容を確認する必要があります。

戸籍には「戸籍謄本」というものと「戸籍抄本」の2パターンがあります。正式名称は戸籍謄本の方が「戸籍全部事項証明書」、戸籍抄本の方が「戸籍個人事項証明書」です。名前が似ているので分かりずらいとは思うのですが、 謄本は戸籍の家族全体の写し、抄本は一人だけの戸籍の写しとなっていますが、相続手続きにおいては一人だけの戸籍を見ても全体が見えてこないと思うので、基本的には謄本を使用しましょう。注意していただきたいのは被相続人の一連の戸籍については「謄本」でなければいけません。相続人の戸籍については抄本でも使える場合があるのですが謄本に比べ使い勝手が悪い可能性があるので初めから謄本を使用しましょう。

 

戸籍の種類

戸籍には現在戸籍、除籍、改正原戸籍「かいせいはらこせき」という全3種類の戸籍が存在します。

現在戸籍は、その名の通り現在扱われている最新の戸籍で、一般的な手続き(パスポート申請等)で役所に請求する戸籍は、この戸籍です。

除籍と改製原戸籍については、下記に詳細がありますのでご参照の方お願いします 。

除籍について

改製原戸籍について

 

相続手続きにおいては、被相続人の現在戸籍、除籍、改正原戸籍すべてが必要になりますので注意してください。

 

相続の基礎知識についてについて

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別