クローバー司法書士事務所・ブルーバード行政書士事務所。遺産相続・遺言書作成に関するご相談事例をご紹介いたします。

和歌山市 | 和歌山相続遺言まちかど相談室

和歌山の方より遺産相続についてのご相談

2023年02月02日

Q:相続財産が不動産しかないのですが、姉妹間でどのように遺産相続すればいいのか分かりません。司法書士の先生教えてください。(和歌山)

数週間前に実家のある和歌山に住んでいた父が亡くなり、遺産相続をすることになりました。母は10年前に亡くなっていますので、相続人になるのは私と姉の2人のみになります。父の遺産を調べたところ、預貯金はほとんど残されておらず、和歌山にある実家と遠方にある別荘しかありませんでした。祖父の代から代々受け継いでいる土地ですので、売却は考えていません。そのような場合は、どのように遺産相続の手続きを進めればよいでしょうか。遺産分割の方法が分からずに困っています。司法書士の先生にお伺いしたいです。(和歌山)

A:遺産相続で遺産が不動産のみの場合でも、不動産を売却せずに遺産分割することはできます。

遺産分割にあたり、まずは遺言書がないか確認をしましょう。遺言書が残されていた場合は、法律で定められた方法よりも遺言書の内容が優先されます。そのため、遺産分割協議を行う前に遺言書が残されていないか確認が必要です。

遺言書が発見されなかった場合は、相続財産の遺産分割方法について、相続人同士で話し合わなくてはなりません。換価分割という方法を選択すれば、遺産である不動産を売却して現金化し、相続人同士で分割することができます。今回のご相談者様のケースでは、売却予定のない不動産をお姉様と2人で遺産相続したいということでしたので、2つの方法をご紹介いたします。

①現物分割…相続財産であるご実家と別荘をそのままの形で分割する方法。相続人全員が納得してもらえれば滞りなく遺産相続することができます。しかし、不動産の評価がどちらも同じ金額になることはほとんどない為、公平に分割することは難しいです。

②代償分割…相続人のうち1人もしくは何人かで不動産を遺産相続し、不動産を取得しなかった相続人に対して代償金または代償財産を支払う方法。不動産を売却せずに公平に遺産を分割することができます。しかし、不動産を取得した相続人が代償金として支払う額の現金を持っていないといけませんので、あらかじめ確認しておきましょう。

どちらの方法で分割するかを検討する前に、ご実家と別荘の評価額を調べてからお姉様と遺産相続についてのご相談をされると、スムーズに話し合いが進められるかと思います。

和歌山相続遺言まちかど相談室では、和歌山の遺産相続手続きの実績が多くございますので、安心してご相談ください。和歌山在住の皆様の遺産相続についてのご相談に専門家が親身になって対応しております。無料相談を行っておりますので、遺産相続についてお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひお問い合わせください。

和歌山の方より相続放棄に関するご相談

2023年01月06日

Q:ひとりでも相続放棄は可能ですか?(和歌山)

和歌山市内の実家に住む父が亡くなりました。相続人である母と姉と私で相続手続きを進めるため、現在は生前父の所有していた財産と負債の整理をしています。父は和歌山にいくつか不動産を所有しておりましたが、なかには負債もあったようです。私は早くに和歌山の実家から離れ疎遠にしていたため、なかなか話し合いを行うことが難しいと感じております。そのため、これからの手続きを考えるといろいろと大変そうなので相続放棄をしようかと検討しております。相続放棄は一人でもできるものなのでしょうか?(和歌山)

A:おひとりでも相続放棄はできます。

相続放棄は一人ひとりの相続人がそれぞれで行うことが出来ます。相続放棄を行う場合は、被相続人の最後の住所を管轄する家庭裁判所に申述書を出す必要があります。ご相談者様の場合は、和歌山市の家庭裁判所になります。また、相続放棄には期限があり、相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に申述しなくてはなりません。相続放棄は一度手続きをすると、撤回することができなくなります。被相続人に負債があり、財産を整理し最終的に手元に残るプラスの財産の方が多いということがわかったとしても、あとから「やっぱり相続します」ということはできません。ですので、相続放棄をする場合には慎重に手続きをすすめましょう。

被相続人の財産調査や相続放棄の手続きのやり方についてご不明な点がおありの方、また被相続人と離れた場所にお住まいの方でやり取りを考えると手続きに負担に感じる方も多いと思います。そういった場合は専門家に依頼して解決するという手段もあります。相続手続きについて煩わしさや不安があるようでしたらぜひご検討いただければと思います。

和歌山にお住いの方で相続放棄についてご検討、またはお困りの方は和歌山相続遺言まちかど相談室までご相談ください。和歌山相続遺言まちかど相談室は相続手続きにおけるプロです。相続放棄に関する煩雑な手続きもひとつひとつ丁寧にご対応させていただきます。初回は無料で相談をお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

和歌山の方より相続放棄のご相談

2022年12月02日

Q:父が亡くなり相続が発生しました。相続放棄とはどのようなものか司法書士の先生にお伺いします。(和歌山)

数週間前に父が和歌山の自宅で亡くなりました。相続人は母と和歌山の自宅近くに暮らしている長女の自分です。父は生前ギャンブルが好きで、母や私の前ではこづかいの範囲内でやっているから大丈夫、と言っていましたし余暇を楽しむことを許容していました。しかし、亡くなってから遺品整理や相続手続きを進めていく中で数百万円の借金があることが判明し、母とともに困惑してしまいました。とても返せる額ではなく、友人から相続放棄というものがあることを聞いたので、相続放棄について教えていただきたいです。(和歌山)

A:相続放棄は、相続財産の一切を相続しないという手続きです。

ご親族が亡くなると相続が開始され、相続人は被相続人(亡くなられた方)の所有していたすべての財産を引き継ぎます。相続の対象になるものは、預貯金や不動産などのようなプラスの財産だけでなく、借金や住宅ローンのようなマイナスの財産も対象となります。

相続放棄は、上記に挙げたプラスの財産のみならず、マイナスの財産も含めたすべての相続財産を引き継ぐ権利を放棄する手続きです。

ご相談者様が相続放棄をすることで、お父様が残した借金の返済義務はなくなりますが、同時にプラスの財産の放棄もしたことになりますので、相続放棄をする場合にはどのような財産があるのかすべてを把握したうえで検討されることが賢明です。

また、相続人全員で相続放棄をした場合でも被相続人の借金がなくなるわけではなく、次の相続順位の人に相続権が移ることになります。そのため、相続放棄を選択する場合には次の相続順位の人にその旨を伝えておくことも大切でしょう。

相続手続きは人生のなかで何度も経験することではなく、困惑される方は多くいらっしゃいます。和歌山相続遺言まちかど相談室は、相続手続きの専門家として、和歌山エリアの皆様をはじめ、和歌山周辺の皆様から多くのご相談、ご依頼をいただいております。
和歌山相続遺言まちかど相談室
では、ご依頼いただいた皆様の相続手続きについて、和歌山の地域事情に詳しい司法書士が親身になってサポートさせていただきます。まずは和歌山相続遺言まちかど相談室の初回無料相談をご利用のうえ、お気軽にご相談ください。和歌山相続遺言まちかど相談室のスタッフ一同、和歌山の皆様、ならびに和歌山で相続手続きができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げます。

 

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

「生前対策まるわかりBOOK」に和歌山の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当事務所代表、司法書士・行政書士 井口が「生前対策まるわかりBOOK」に和歌山の専門家として紹介されました。

  • 民事信託について詳しくはこちら
  • 民事信託で認知症対策
和歌山の専門家として紹介されました

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別