クローバー司法書士事務所・ブルーバード行政書士事務所。遺産相続・遺言書作成に関するご相談事例をご紹介いたします。

相続手続き | 和歌山相続遺言まちかど相談室

和歌山の方より相続に関するご相談

2022年03月01日

Q:司法書士の先生にご質問があります。認知症を患っている相続人がいる場合、どのように相続手続きを進めていけば良いのでしょうか。(和歌山)

司法書士の先生、ぜひともお力を貸してください。

先日のことですが和歌山の実家に住む父が亡くなり、相続が発生しました。父には和歌山の実家のほかに2棟の賃貸マンションと1,500万円ほどの預貯金があり、母と兄と私の三人が相続人として相続することになります。

ですが、5年ほど前から母は認知症を患っており、会話はおろか字を書くことすらままなりません。そのような状態ですので相続手続きに必要な署名や押印ができず、兄ともども困り果てています。認知症を患っている相続人がいる場合、どのようにすれば相続手続きを進めることができますか?(和歌山)

A:相続手続きを進めるには、認知症のお母様の代理人を選任してくれる「成年後見制度」を利用しましょう。

相続人のひとりが認知症を患っていたとしても、相続手続きでは相続人全員の署名・押印が必須となることに変わりはありません。そのような場合にはどのように相続手続きを進めていけば良いのかといいますと、家庭裁判所に成年後見人という代理人を選任してもらう「成年後見制度」を利用します。

成年後見制度とは、認知症や精神上の障がい等により判断能力が十分でない方の財産管理や生活支援を代行する制度であり、代理人を選任してもらうには家庭裁判所への申し立てが必要です。申し立てをすると家庭裁判所が代理人に相応しい人物を選任してくれるので、その方とともに相続手続きを進めていけば問題ありません。

なお、成年後見制度の効力は原則、対象となる方が亡くなるまで継続されます。
相続手続きを進めるためだけでなくお母様の今後の生活における必要性についても十分検討したうえで、成年後見制度を活用することをおすすめいたします。

今回のご相談者様のように認知症の方が相続人に含まれている場合、相続手続きを進めたくてもどうにもならない状況に陥る可能性は非常に高いといえます。相続手続きのなかには期限が定められているものもあるため、場合によっては間に合わず、ペナルティとしての税金を課されることになってしまうかもしれません。

現在、相続手続きを進めている方で「早く手続きを済ませたい」とお考えの際は、和歌山相続遺言まちかど相談室の無料相談をぜひご活用ください。
和歌山相続遺言まちかど相談室では、和歌山の皆様の頼れる専門家として、相続・遺言書作成に関するお悩みやお困り事の解決を全力でサポートしております。
無料相談の段階から豊富な知識と経験を有する司法書士が対応いたしますので、和歌山相続遺言まちかど相談室までぜひお気軽にお問い合わせください。

和歌山の方より相続に関するご相談

2022年01月07日

Q:不動産を相続する場合の名義変更手続きについて司法書士の先生、教えてください。(和歌山)

和歌山で生まれ育った父が亡くなり、葬儀や遺産分割に関する話し合いを終えました。父が所有していた財産のうち、私は父が和歌山の不動産をいくつか相続することになりましたが、私は東京に住んでおり不動産を利用する予定もないため、不動産は売却する予定でいます。先日不動産屋へ相談へ行ったところ不動産の名義変更手続きが必要だと言われました。相続した不動産の名義変更手続きについて教えていただけませんか。(和歌山)

 

A:不動産を相続した際の名義変更手続きについてご説明します。

亡くなった方の遺産である不動産の所有権が相続人に移ったら、不動産の名義変更手続き(所有権移転の登記)を行います。たとえ、すぐに売却する予定であっても名義変更手続きを行う必要がありますので、注意しましょう。名義変更手続きを行うことで、第三者に対してご自身が所有者であるということを証明することができます。

不動産を相続するにあたって必要な名義変更手続きの大まかな流れをお伝えします。

【不動産の名義変更手続きの流れ】

1.相続人による遺産分割協議

相続人全員が参加し、誰にどのように遺産を分割するか話し合う、遺産分割協議を行います。話し合いがまとまったら、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書には相続人全員の署名と実印による押印が必要です。

2.名義変更の申請に必要な書類の収集

名義変更の申請には以下の書類が必要となります。

  • 被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等
  • 法定相続人全員分の戸籍謄本
  • 住民票(被相続人の除票および相続する人の分)
  • 相続関係説明図
  • 名義変更する不動産の固定資産評価証明書 など

3.登記申請書の作成

4.法務局へ必要書類を提出

大まかな流れは上記のようになります。手続きがすべてスムーズに進めばよいのですが、中には相続人に行方不明者がいる、未成年者がいるなどにより専門的知識が必要となる場合や、遺産分割協議によりもめてしまうことも少なくありません。

特に相続財産のうち不動産が多い場合には分割が難しく、それまで仲がよかった相続人同士でトラブルになってしまう可能性があります。

相続において何かお困りの場合には専門家へ相談することもお勧めです。また、登記申請書の作成、法務局での手続き等申請に不安がある方はぜひ一度相続の専門家へご相談ください。

和歌山相続遺言まちかど相談室では不動産の名義変更手続きをはじめ、相続に関するお悩みを多くお受けしております。相続に関する知識が豊富な司法書士が初回のご相談は無料でお伺いしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。和歌山にお住まいの皆様、和歌山で相続に詳しい事務所をお探しの皆様の親身になってご対応します。和歌山の皆様のご来所を心よりお待ちしております。

和歌山の方より相続のご相談

2021年12月01日

Q:相続手続きが初めてのため、司法書士の先生から必要な戸籍について教えていただきたいです。(和歌山)

現在、和歌山に住んでいる50代主婦です。先日和歌山市内の病院で母が亡くなり、現在相続手続きを行っています。
父は幼いころに亡くなっており、私には姉がひとりいるため、相続人は私と姉の2人になると思います。
先日、母の口座の名義変更を行うため和歌山市内の銀行に姉と行きました。
その際、あらかじめ準備しておいた母の亡くなったことが分かる戸籍と自分の戸籍を提出しました。
しかし、それだけでは手続きをすることができないと銀行側から伝えられてしまいました。
姉も私も相続手続きが初めてのため、他にどのような戸籍が必要なのか分かりません。
相続手続きが一向に進められず、姉妹で頭を抱えております。
相続手続きを行うにあたり必要な戸籍について、司法書士の先生に教えていただきたいです。(和歌山)

A:お母様の出生時から亡くなるまでの戸籍が相続手続きには必要です。

この度は和歌山相続遺言まちがと相談室へお問合せありがとうございます。

戸籍には、複数の種類があります。そのため、混迷なさる方もいらっしゃると思います。
相続手続きにおいて基本的には下記の戸籍を要します。

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本
  • 相続人全員の現在の戸籍謄本

被相続人の出生から死亡までの戸籍は、お母様がいつ誰と誰の間に生まれ、その両親のもとで兄弟は何人いるか、誰と結婚したか、子供は何人いるか、いつ亡くなったかがすべて記録されています。
戸籍により、お母様が亡くなった時点で配偶者はいないのか、ご相談者様以外に子供はいないのかなどすべて確認することができます。
万が一、お母様に隠し子や養子が存在した場合には、ご相談者様とお姉様以外にも相続が発生しますので、相続が開始したら、早めに戸籍を取り寄せましょう。

また、戸籍を取る際には役所にて請求を行います。
通常の場合には亡くなった方の最後の本籍地を管轄する役所へ出生から死亡までに戸籍を請求することで、その役所にある戸籍を出してもらうことが可能となります。
ご相談者様のお母様が和歌山県出身であれば和歌山の役所へ請求となります。
しかし、北海道など遠方の場合ですと直接役所に向かうことが難しいでしょう。
そのような場合には、郵便での請求と取り寄せが可能となります。
各役所のホームページにてお手続きができます。

多くの人は人生の中で何回か転籍しているため、一つの役所ですべてが揃うということはなかなかありません。

戸籍謄本を揃えるなど、相続手続きには多くの時間と手間を要します。
なかなか手続きが進まず困っているという方も多くいらっしゃるでしょう。
和歌山相続遺言まちかど相談室では専門家による無料相談を実施しています。
和歌山周辺にお住まいの方、和歌山周辺でお勤めの方はぜひ相続が開始したらご相談ください。
和歌山相続遺言まちかど相談室は和歌山の皆さまのお問い合わせを心よりお待ちしております。

 

お問合せ先:0120-440-968

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • メールでのお問合せ
まずはお気軽にご相談ください。

クローバー司法書士事務所のつのお約束

1.完全無料相談!

2.出張相談にも対応! *1時間までの目安

3.必要があれば、2回目の無料相談!

4.明朗会計で安心サポート!

5.税理士+弁護士+土地家屋調査士と連携!

「生前対策まるわかりBOOK」に和歌山の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当事務所代表、司法書士・行政書士 井口が「生前対策まるわかりBOOK」に和歌山の専門家として紹介されました。

  • 民事信託について詳しくはこちら
  • 民事信託で認知症対策
和歌山の専門家として紹介されました

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別